« 綾部バラ園 冬の剪定教室のお知らせ | トップページ | 番外 あれから18年 »

2013年1月16日 (水)

綾部バラ園 堆肥投入、苦肉の策

昨年2月、冬の剪定教室時に肥料をやったのですが
思わぬ誤算が生じました。
それは、バラの左右に穴を掘って配合肥料と牛堆肥を
投入して行くのですが、かなり肥料が余ったのです。
返品したらいいかと考えていたのですが、ご指導頂いてる
講師さんに確認しると、全部やってくださいとのこと。
早く言ってよ!状態すでに遅し!
冬の剪定教室時なら多くの皆様にご協力頂いて出来ますが
役員数名では至難の業です。

ええ~い!こうなりゃ、穴を掘らず地面にばらまいて
小型耕運機で撹拌しよう!

っと言う作戦を決行!
005

001

003
撹拌作業は、管理本部・平野正明副本部長さんが大活躍!
ほとんどの花壇をお世話になりました。
これが功を奏したのか!?2012年は、目を見張る元気良さ
となりました!

022
圧巻だったのは、中央花壇に植えているアンネのバラ。
2011年は、一株に15~20の花芽だったのが
何と2012年には、一株に100あまりの花芽が付き
常に一株15~20ぐらいのバラが咲き、20本なので
約300~400のアンネのバラがドーナツ状になって
いました。

005_2
ツルバラもモリモリに咲かせることが出来ました!

毎年レベルアップ!今年は、万全の態勢で臨みます!


« 綾部バラ園 冬の剪定教室のお知らせ | トップページ | 番外 あれから18年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 綾部バラ園 冬の剪定教室のお知らせ | トップページ | 番外 あれから18年 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ